閑話休題

ブログの効能と言わば何ぞ其れ日々の由なし事の記帳に限らんや

オフェンシブレーティング(Offensive Rating (ORtg))/ディフェンシブレーティング(Defensive Rating (DRtg))

要するに……


基本的な定義

基本的な定義はGlossary | Basketball-Reference.comに示されている1。翻訳して引用すると、

オフェンシブレーティング

オフェンシブレーティング:選手に適用される場合は、100ポゼッションで獲得した得点を示す。一方、チームに対して適応された場合には、100ポゼッションで獲得した得点をしめす。このレーティングはBasketball on Paperの著者である Dean Oliver によって開発された。詳細は同書を参照2

ディフェンシブレーティング

ディフェンシブレーティング:選手に適用される場合は、100ポゼッションで与えた得点を示す。一方、チームに対して適応された場合には、100ポゼッションで許した得点をしめす。このレーティングはBasketball on Paperの著者である Dean Oliver によって開発された。詳細は同書を参照[^2]。

二つのレーティングのもっとも詳細な計算方法は3を参照。ポゼッションの定義に立ち入って計算をしなければいけないので、少々複雑な計算が展開されている。

直観的理解

オフェンシブレーティング:あるチームが100回オフェンス機会を与えられたら何点取れるか。 ディフェンシブレーティング:あるチームが相手チームの100回のオフェンス機会に対してディフェンスをしたら何点取れるか。

ラン&ガンのハイテンポなバスケットを展開するチームは一試合辺りの得点が大きくなりがち。逆にセットオフェンスを中心に構成するチームはオフェンスの機会が少なくなるので一試合辺りの得点は小さくなる。だから一回一回のオフェンスのクオリティを評価するには同じポゼッション数(100)辺りの得点を比較する必要がある。 レーティングを使えばスタイルの異なるチームのオフェンス/ディフェンスのクオリティを比較できるようになる。

16-17シーズンの Team ORtg/ Team DRtg

16-17シーズンの各チームをオフェンシブレーティング順に

やはりGSWが最高のオフェンシブクオリティーを誇っている。ハーデンを中心にハイテンポなオフェンスを展開したHOUが次点。近年の基本的なトレンドとしてハイテンポなバスケットを展開するチームが上位にくる傾向がある。3pの威力ということだろうか。ローテンポのチームで上質なオフェンスを構築しているのはSASとTORの2チーム。 DRtgはSASが最高だが、GSWが次点につけているのは意外。サイズのないチームだがオフェンスもトップレベルだ。DENはDRtgもORtgもともに高く、典型的なラン&ガンのチームといえる。

留意点

\frac{ORtg}{100}*\text{Pace Factor} でPts/Gを近似することができる。DRtgも同様。 ピタゴラス勝率はこちらを使って計算したほうが平方誤差が小さくなるかもしれない。ちょっと計算してみたい。

Reference list


  1. Offensive Rating (available since the 1977-78 season in the NBA); for players it is points produced per 100 posessions, while for teams it is points scored per 100 possessions. This rating was developed by Dean Oliver, author of Basketball on Paper. Please see the article Calculating Individual Offensive and Defensive Ratings for more information.

  2. https://www.amazon.com/Basketball-Paper-Rules-Performance-Analysis/dp/1574886886

  3. Calculating Individual Offensive and Defensive Ratings | Basketball-Reference.com