閑話休題

ブログの効能と言わば何ぞ其れ日々の由なし事の記帳に限らんや

書評:エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする -グレッグ マキューン-

要するに...

次のような図がエッセンシャル思考であるらしい.

f:id:ediot:20150628214959p:plain
左側が非エッセンシャル思考の人のエネルギーの使い方.色々な活動にエネルギーが拡散してしまっており,どの活動からも十分なリターンを得ることはできない.色々やっているけど成果が出ない人は左のような状況に陥っている.
一方右側はエッセンシャル思考の人のエネルギーの使い方.一つのことに全エネルギーを集中させている.この"Essential Activity"が本当に自分の夢や目標にかなったものであれば,この人の人生は素晴らしく充実するだろう,ということが言いたいのがこの本.

エッセンシャル思考とは?

改めてエッセンシャル思考について整理すると,エッセンシャル思考とは

エッセンシャル 思考とは、まさに「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方だ。

特に,「より少なく、しかしより良く」というスローガンは,エッセンシャル思考を説明するためにはこれ以上ないほどに適切な言葉といえる.さらに...

エッセンシャル 思考 は、より多くのことをやりとげる技術ではない。 正しいことをやりとげる技術 だ。もちろん、少なければいいというものでもない。自分の時間とエネルギーをもっとも効果的に配分 し、重要な仕事で最大の成果をあげるのがエッセンシャル思考の狙いである.

エッセンシャル 思考 の人は、適当に全部やろうとは考えない。トレードオフを直視し、何かをとるために何かを捨てる。そうしたタフな決断は、この先やってくる数々の決断の手間を省いてくれる。 それがなければうんざりするほど同じことを問い続ける羽目になるだろう.

引用をまとめると,エッセンシャル思考とは,以下の要素から成る思考法ということになる.

  • 選択

時間とエネルギーの使い方を選ぶ

  • ノイズ除去

大半の重要ではないものを除去して,本当に重要なものだけを残す.

  • tradeoff

選択とノイズ除去はトレードオフを生み出すので,それを受け入れる必要がある.

どうやって「エッセンシャルな目標」を選択するのか?

エッセンシャル思考では,本当に自分にとって重要な目標を設定し,それに向かって全エネルギーを傾けていかなければいけない.でもどうやって?本書に従うならば,次のような手順になるだろう.

  1. 自分が今取り組んでいる,あるいは取り組みたいと思っているあらゆる活動を書き出す.
  2. それらの活動がどのような目標を達成するための活動であるかを明確化する.
  3. それぞれの活動について

「この仕事は,自分がやれることの中で一番重要か?」

と問うてみる.重要度は以下の3基準に照らして評価する.

    1. 「 自分は何が大好きか?」
    2. 「 自分は何がいちばん得意か?」  
    3. 「 世の中の大きな ニーズに貢献できるのは何か?」

そして熟考の末に本質的目標を決めたら...あらゆる活動に対して

「この活動は自分の本質目標に貢献することができるだろうか?」

と考える.

エッセンシャル思考を取り入れることの困難

エッセンシャル思考を貫徹するための障害は,トレードオフと習慣化だ.今まで「なんとなくやっといたほうがいいかな」程度のこともやってきた人間にとって,自分の本質目標に貢献しない活動は全て拒否するという行動原則は大きなジレンマを強いる.
数学の勉強をしておいたほうが後々を考えるとベターな気がするし,先生から頼まれたデータ収集の依頼も断りにくい.もっと言えば今日はだるいからダラダラしたいし...etc. こんな気分でやるような活動は,エッセンシャル思考の元では悉く却下だ.
このトレードオフに対処するためには,事前に頭を整理しておくことが必須だという,
習慣化とは,トレードオフに対処するための思考が自動的に頭から呼び出せる状態を作っておくこと,と言い換えられる.この習慣化については,本書よりも詳しい記述が,

に記述されている.習慣化の肝は,できるだけ意思の力に頼ることなく,自分が希望する行動がとれるような外部環境を整えることにある.この辺は別のエントリで書評を書きたい.

考えたこと

やはり自分のこれまでを振り返ってみると典型的に非エッセンシャル思考になっていたことに気づくし,「要領のいい人」というのは要するにエッセンシャル思考が自然と身についていた人なんだなあとわかる.
目標を的確に定めてそれに向かってエネルギーを集中的に投下する.単純極まりない原理だが,生産性の本質がほぼ完璧な形で描写されていると思う.