閑話休題

ブログの効能と言わば何ぞ其れ日々の由なし事の記帳に限らんや

NBA: Pace Factor(ペースファクター)とは?

要するに……

ペースファクターとは1試合あたりのポゼッション数の推計値.
この値が大きいほどアップテンポなゲームだったということが言える.
ペースファクターで各チームの1試合平均得点や平均失点を均してやれば,各チームの位置ポゼッションあたりの攻撃力や守備力を評価することができる

ペースファクターの定式化

本当はポゼッションの定義をはっきりさせておく必要があるのだが,すごくややこしいので,まずは「マイボールの状態」と考えてもらえれば大丈夫*1
そうするとペースファクター

48*\frac{(自チームのポゼッション数)+(相手チームのポゼッション数)}{2*(チームののべプレイ時間/5)}

となる.分母の方は延長がなければ96になる.
延長戦がない場合は,上式は

\frac{(自チームのポゼッション数)+(相手チームのポゼッション数)}{2}

という直感的に理解可能な式になる.
この値が大きければアップテンポなゲームだったということになるし,小さければ,スローテンポなゲームということになる.
ちなみにポゼッション数がどのように算出されているかは
Glossary | Basketball-Reference.com
What is Possession? Definition from SportingCharts.com
に詳しい.

NBA 2014-15シーズンのペースファクター

実際の値を見てみよう.2014年1月17日時点(現地時間)での各チームのペースファクターは以下のとおり.



Team ▴ FG% PTS/G oppFG% oppPTS/G PW PL ORtg DRtg Pace PTS/G/Pace oppPTS/G/Pace difference
Golden State Warriors 0.483 109.4 0.423 98.9 30 7 111.1 100.4 98.2 111.41 100.71 10.69
Boston Celtics 0.452 102.3 0.452 104.2 17 21 104.5 106.4 96.6 105.90 107.87 -1.97
Phoenix Suns 0.466 107 0.454 104.7 24 18 109.2 106.9 96.5 110.88 108.50 2.38
Philadelphia 76ers 0.411 90.4 0.456 102.4 6 33 93.4 105.8 96.3 93.87 106.33 -12.46
Denver Nuggets 0.439 102.2 0.445 103.6 18 21 105.5 106.9 96.1 106.35 107.80 -1.46
Minnesota Timberwolves 0.437 98.6 0.497 108.2 8 30 102.4 112.4 95.7 103.03 113.06 -10.03
Houston Rockets 0.439 102.4 0.438 97.6 26 14 106.5 101.6 95.1 107.68 102.63 5.05
Dallas Mavericks 0.471 108.5 0.452 102.5 28 13 112.8 106.5 95 114.21 107.89 6.32
Los Angeles Lakers 0.437 100.4 0.468 106.5 12 29 105.1 111.5 94.8 105.91 112.34 -6.43
Portland Trail Blazers 0.451 103.4 0.429 96.8 29 11 108.2 101.4 94.3 109.65 102.65 7.00
Los Angeles Clippers 0.472 106.6 0.457 100.5 28 12 112.7 106.2 94.3 113.04 106.57 6.47
Oklahoma City Thunder 0.441 99.5 0.432 98.8 21 18 104.8 104 94.2 105.63 104.88 0.74
Sacramento Kings 0.458 101.8 0.448 103.6 17 22 106.4 108.3 94.2 108.07 109.98 -1.91
Atlanta Hawks 0.471 103.2 0.437 96.6 29 11 109.3 102.2 94 109.79 102.77 7.02
Milwaukee Bucks 0.462 98.5 0.438 97.3 22 18 103.6 102.3 93.8 105.01 103.73 1.28
San Antonio Spurs 0.463 102.1 0.444 98.3 26 15 106.8 102.7 93.5 109.20 105.13 4.06
Detroit Pistons 0.425 97.7 0.455 99.8 17 23 103.6 105.9 93.5 104.49 106.74 -2.25
Orlando Magic 0.454 94.9 0.461 100.1 14 29 101.2 106.8 93.5 101.50 107.06 -5.56
Toronto Raptors 0.461 107.1 0.463 101.6 26 13 113.5 107.6 93.4 114.67 108.78 5.89
Chicago Bulls 0.446 102.4 0.442 99.3 25 16 108.5 105.3 93.4 109.64 106.32 3.32
Washington Wizards 0.473 99.3 0.443 97.6 22 18 105.6 103.9 93.3 106.43 104.61 1.82
Indiana Pacers 0.429 95.5 0.44 97 18 23 101.8 103.5 93.1 102.58 104.19 -1.61
Charlotte Hornets 0.429 95.9 0.45 98.9 16 24 101.9 105 92.7 103.45 106.69 -3.24
New Orleans Pelicans 0.456 100.8 0.464 100.7 20 19 108.5 108.3 92.5 108.97 108.86 0.11
Cleveland Cavaliers 0.451 100.7 0.472 100.7 20 20 109.1 109.1 92.1 109.34 109.34 0.00
Brooklyn Nets 0.447 95.7 0.444 97.8 17 23 102.6 104.8 92.1 103.91 106.19 -2.28
Memphis Grizzlies 0.465 101.9 0.45 97.9 25 14 108.2 103.9 92 110.76 106.41 4.35
Utah Jazz 0.454 96.2 0.465 99.2 16 24 106.3 109.6 90.5 106.30 109.61 -3.31
New York Knicks 0.44 92.5 0.465 101.7 9 32 101.6 111.6 90.4 102.32 112.50 -10.18
Miami Heat 0.46 93.5 0.462 97.2 15 25 104.6 108.8 89.4 104.59 108.72 -4.14


若干見づらいがご勘弁を……
Paceの列がペースファクターを表している.最速はGolden State, 最遅はMiami.
表は一番右の値でソートしてある.100ポゼッションあたりの(得点)-(失点)が大きい順になっている.
ペースを考えないともっとも得点力に優れたチームはGolden Stateだが,ペースを考慮すると最強チームはDallasになる.
ディフェンスに関しては,ペースを考えないとAtlantaが最高だが,Paceを考えると今度はGolden Stateが最強になる.アップテンポなチームはラン&ガンのオープンな打ち合いを好むというイメージがあるが(スラムダンクの豊玉みたいな),今期のGolden Stateはアップテンポでもきっちり守るという戦いを実現していることがわかる.
このようにポゼッションをベースにしたペースファクターを考慮することで,テンポに左右されない真の攻撃力・守備力が見えてくる.

*1:What is Possession? Definition from SportingCharts.com によれば,「チームが相手からボールを奪ってから①得点する②ボールを失う③ファールを犯す,のいずれかによってボールを失うまでの間の状態のこと」と定義される

広告を非表示にする