閑話休題

ブログの効能と言わば何ぞ其れ日々の由なし事の記帳に限らんや

NBA: TS%(トゥルーシューティングパーセンテージ)の意味と価値

前回のエントリではスリーポイントとツーポイントの違いに関してFG%を補正したeFG%を見た.今回は同様にシュートの生産性を表す指標であるTS%を見てみる.

定義

TS%は選手のシュートの効率をスリーポイントフリースローを考慮して算出した指標。
定義は、

\cfrac{PTS}{2(FGA+0.44*FTA)}*1
ただし、PTS:総得点、FGA:フィールドゴール試投数、FTAフリースロー試投数

eFG%と比較すると、フリースローが考慮されている点が最も大きな違いであり、この指標の強み。しかし、この指標を算出する式の分かりにくさは、大きな欠点となっている。
イメージとしては、獲得した総得点(分子)をすべてのシュートが入った場合に獲得できる得点(分母)で割っているので、その選手が獲得可能な得点の何%を獲得したのかを示しているという感じだろうか。

13-14シーズンの成績

NBAの2013-2014シーズンにFG成功数が150本を超えた選手のうちTS%上位30選手は次の通り

3p成功数に注目すると、ほぼ0本の選手と100本以上の選手が半々くらいで入っていることから、各ポジションからまんべんなく上位選手が出ていることが分かる。
各チームの数値を見てみると,次のようになっている.

ちなみにORtgは100ポゼッションあたりの平均得点を表すオフェンシブレーティング.さすがにTS%上位にはORtgが110を超える生産性の高いチームが並ぶ.ある程度生産性を反映した数字になっていることがわかる.

0.44の謎

しかしもう一度式を見直してみると,分母に存在する0.44*FTAという式が謎である.なぜ0.44なのだろう?かりにある選手が全てフィールドゴールフリースローを決めたとするとTS%は1を越える.0.44でなく0.5であればフリースローが1点であることを反映した係数と言えそうなものだが.
またFGに対しても一律に2がかけられていることは,3PAと2PAを同じように扱っている点が正しいのかどうかという議論を呼びそうだ.
いずれにしても数値の根拠があまり強くないということは知った上でこの数値は見ていく必要がありそうだ.